院長の整体新書 – 整体ブログ –

頭痛と整体・カイロプラクティック(Chiropractic)

  • 頭痛

☑︎頭痛持ちで痛み止めをよく飲んでいる。

☑︎MRIやCTで検査しても異常が無いけど頭痛で困っている。

☑︎マッサージを受けると頭痛が楽になる。

今回は、このような頭痛についてです。

この記事は、約2分程で読み終えることが出来ます。

頭痛の原因

頭痛には様々な要因が考えられます。

1.くも膜下出血や脳腫瘍など命の危険に関わるもの
2.発熱による頭痛
3.50代以上の女性に多い頭の側面部分やてっぺん部分の拍動性(脈打つような)激痛の頭痛
4.片頭痛
5.緊張型頭痛
6.群発性頭痛
7.その他

頭痛は、首や顎の矯正や頭蓋骨の調整で改善しやすい代表的な症状です。

とはいえ、頭痛を引き起こしてしまう原因には命の危険性があるものも存在します。

当然ながら、命の危険性があるものを除外したうえで全述の通りに首や顎、頭蓋骨に対する治療を受けられることをお勧めしています。

MRIやCTなどの検査によって異常がみられないにも関わらずに頭痛がある場合には、当院の施術で改善する可能性が高くなります。

首と頭痛の関係

頭痛を引き起こしてしまう筋肉に「後頭下筋群」という筋肉の集まりがあります。

後頭下筋群の図

これらの筋肉は、後頭部から第二頸椎という首の上の方にあります。

この筋肉が硬くなると頭痛が出ます。

つまり、この筋肉をほぐせば頭痛が楽になったり無くなったりします。

簡単に言うとマッサージで大丈夫です。

とはいえ、この筋肉が「どのように硬くなっているのか??」

によって、同じマッサージを施しても効果は変わってきてしまいます。

顎を引いた時と上がっている時の首の状態を横から見た際の比較

上記図①は患者様の目線が上がっている、顎が上がっている方の場合です。

この場合、前述の後頭下筋群は縮んで硬くなっています。

この場合には、【ただ筋肉をほぐせば良いだけ】です。

②の図は、患者様の目線が下がっている、顎を引いている方の場合。

この場合には、後頭下筋群は伸びて硬くなっています。

この場合には、【ただほぐすだけでは、伸びている筋肉を更に伸ばしてしまい縮みにくい状態にしてしまう場合があります】。

つまり、一時的な血流の改善によって一時的に楽になっても結果的には当初の問題を大きくしているだけであり、より慢性的な経過を辿ることになってしまいます。

これらは、

外からの姿勢チェックや

患者様の姿勢を診ている

触診検査頸椎の触診検査をしている

レントゲン画像

頸椎のレントゲン画像の側面像などから判断することが出来ます。

また、「なぜこの筋肉が硬くなってしまったのか??」という原因を正せば頭痛の頻度や程度は更に減る可能性が高くなります。

筋肉は、「動かない・動かせないと硬くなる性質があります」。

逆に、「動かせば、動かせていれば硬くなりにくい性質です」。

左右を向いた際の第一頸椎の動き方の図

下を向いた際の頸椎の動きの図 下を向いた際の第二頸椎の動きの図

このように左右を向いたり、下を向いたりすることが〈正しく出来ていれば〉後頭下筋群は動くので硬くなるにくくなります。

逆に、頭痛持ちの方は、こういった動きが一見出来ているようでも正しく出来ていないことを多く経験します。

これをイメージしやすく簡単に言うと「1番上の頸椎と2番目の頸椎がズレている状態」になります。

つまり、この部分を正すことで、正しい動きが出来るようになるために頭痛の頻度や程度が改善することになります。

首と背骨、手足との関係

前項で述べたように首の上の部分を正せば良い訳ですが、その部分に手を加えれば良いかというと一概にそうとも言えません。

先程同様に「なぜ、首の上の部分がズレてしまったのか??」を考慮する必要があります。

その原因は、頭痛をお持ちの方によって様々です。

腰や腕、足のせいでなっている場合もあります。

それを見つけ出せるかどうか。

そして、それを正すことが出来かどうか。

頭痛が無い、いわば当たり前な生活をご提供できるがどうかはこういった部分にかかってきます。

頭痛と肩こりの関係

「肩こり・頭痛・女性」は、多くの頭痛持ちの方に当てはまる条件です。

因みに、「顎関節症」を伴っている方も多いです。

肩こりの理由も

1,姿勢による物理的な問題

2,神経による機能的な問題

3,心理的な問題

があります。

1は、姿勢を正すような施術によってその場でフニャフニャな状態になって頂くことが出来ます。

2は、硬くなっている筋肉に命令を出している神経を考慮して施術を行なうことによって同じく軟らかい状態を感じていただけます。

3は、1や2によって既にフニャフニャなのにも関わらず、「状態が変わっているのに自覚症状が変わらない場合」です。

3に関しては、運動やストレス発散など少し視点を変えて頂く必要があると考えます。

1や2に関しては、背骨のズレを正すことで対応可能なので、肩こりも頭痛も大きく施す内容が変わる訳ではありません。

つまり、肩こりも頭痛もほぼ同じ理由から起こっているため、非常に関係性が強い症状になります。

頭痛と整体

冒頭で述べたように、頭痛は整体で改善しやすい症状です。

ただし、施す内容によっては頭痛の頻度や程度の改善度合いが異なります。

また、中には原因が複雑になっており一筋縄でいかない頭痛も全体的な割合からみたら少数ですが経験します。

そういった場合にも、治療後の変化や患者様からのフィードバックによって毎回の治療内容を評価しそれを踏まえて再度治療して…というサイクルで行っていけば答えが見つかるのは時間の問題になります。

※当院の場合には少なくとも前日までにご予約を頂けると前日までに前回の治療内容を踏まえて今回は何をしよう…という様に考える時間がある為に計画性をもって治療できるので当然ながら効果が出る可能性は高くなります。

治療側と患者様の足並みを揃え、共通認識を持って取り組むことでより良い結果が望めると考えます。

具体的には、

治療側は「筋肉をほぐして縮めたいと思って施術している」

けど、

患者様はただ、ほぐせば良いという認識で自分でエクササイズをしたり、器具などで「ほぐして伸ばしてしまっている」

と、お互いに

【頭痛を良くするために筋肉をほぐしたいという目的が一致していても】

一生効果は出ません。

通院頻度よりもセルフケアの頻度が多ければ、頭痛の程度や頻度は減るどころか通院しているのにも関わらず、悪化していくことも容易に想像できます。

当院ではもちろん、このことを踏まえてご説明しますが、現在他院にご通院中にも関わらず思ったような効果が体感出来ていない方の参考になればと思います。

是非、頭痛でお困りの方や身近に頭痛でお困りの方がいましたら今回の内容をお伝え頂けたら嬉しく思います。

矜持整骨院
診療時間
08:00-12:00
16:00-21:00
  • 水(第2, 4, 5)は午後休診
  • 土は14:00まで

ご予約・お問い合わせはこちらから

03-3714-3855
完全予約制