院長の整体新書 – 整体ブログ –

肌のトラブルとカイロプラクティックの関係

  • 整体

整体とカイロプラクティックは、似ているようで異なります。

カイロプラクティックでは、背骨の歪みで神経の流れが滞った部分・状態を「サブラクゼーション」と呼んでいます。

カイロプラクティックでは、「サブラクゼーションを正すことの結果、症状が良くなっていく」という考えが基本になります。

整体は、サブラクゼーションを考慮しない為に、両者の違いはこの点になります。

※どちらが良い・悪いの話ではありません。

このサブラクゼーションと肌のコンディションには関係があります。

※この記事は約2分で読み終えることができます。

どうしたら肌荒れの原因であるサブラクゼーションが特定出来るのか

サブラクゼーションの有無を判断するためには、以下のような機械「ナーブスコープ」を使用します。背骨両脇の温度を測る機器の図背骨両脇の温度を測る検査の図

この機械は、(下の図の丸印の部分)背骨から左右ペアで出てくる「脊髄神経」という神経の「左右の温度差」を調べるための物です。

背骨と脊髄神経の図

もちろん、左右差の無い人間など存在しません。

なので、左右差があるからダメということではありません。

背骨の両脇を首から腰まで、それで測っていくと「明らかに他の部分とは異なる部分」が分かります。

その部分では、理由はさておき「背骨から左右ペアで出ている神経の左右の温度差が著名なことを意味しています」。

カイロプラクティックでは、この部分を「サブラクゼーション」と呼びます。

なぜサブラクゼーションと肌のトラブルは関係するのか

上記の神経は、以下の図のようにそのまま横に下方に伸びて・分岐していきます。

背骨と神経の図

この問題の起こっている神経に沿って、ニキビ・吹き出物・湿疹などが出ている事を多く経験します。

このように神経に沿って異常が出る、代表的なものは帯状疱疹です。

余談ではありますが、冒頭で述べた機械の他にも視診によって肌の状態を診たり、汗腺との影響から部分的に汗をかいていないか触診することでもその部分がサブラクゼーションで間違いないかを決定付ける為に診ています。

つまり、サブラクゼーションを起こしている部分から出ている神経に沿って、ニキビ・吹き出物・湿疹などが出る可能性が高いと言えます。

サブラクゼーションを正すことが肌にも好影響

サブラクゼーションと肌の関係性については述べましたが、このサブラクゼーションを正す方法について述べたいと思います。

前述の神経を横から見ると

背骨と脊髄神経の側面図

背骨の間(上図の丸印の部分)から神経が出てきているのが分かります。

この部分で何物かに神経が圧迫されていることがサブラクゼーションの要因として考えられます。

背骨のズレが原因であればこれを矯正する事でサブラクゼーションを取り除くことになります。

カイロプラクティックでなくてはダメな理由

結論から言うと、カイロプラクティックでなくても肌のコンディションを変える方法はいくらでもあります。

代表的なもので言えば、血流を良くしたり、栄養を摂ったり、生活を見直せば良いでしょう。

つまり、整体でも鍼灸でもマッサージでも良くなるでしょう。

だから、当院でも肌の為にカイロプラクティックを提供することはありません。

但し、ニキビ・吹き出物・湿疹が同じような所に出来やすいケースではカイロプラクティックの方が適していると個人的には思います。

なぜなら、ピンポイントにサブラクゼーションを探してそれを矯正してサブラクゼーションを取り除くのがカイロプラクティックだからです。

サブラクゼーションの出ている部分とニキビ・吹き出物・湿疹が出来やすい部分が一致していた場合には、サブラクゼーションをピンポイントで取り除かねばなりませんが、それはカイロプラクティックの方が確実だし早いと考えます。

私は、カイロプラクティックで全ての問題が解決するとも何よりも優れているとも考えていません。

でも、知らないで損をしている方がいるなら一人でも多くの症状に悩んでいる方に知って頂きたいと思っています。

今回は、美容や慰安目的の施術はしないと公言している当院のブログとしては矛盾しているかもしれませんが、腰や首、背中の症状に合わせて今回お伝えしたようなお心当たりがある方は是非、参考にして頂けたら嬉しく思います。

尚、ニキビ・吹き出物・湿疹があるからサブラクゼーションがある訳ではないので自己判断でご家族やご友人同士でバキバキやったりするのは危険です(矯正が危険なのももちろん、サブラクゼーションではない部分を矯正することのリスクから)のでくれぐれもご注意下さい!

矜持整骨院
診療時間
08:00-12:00
16:00-21:00
  • 水(第2, 4, 5)は午後休診
  • 土は14:00まで

ご予約・お問い合わせはこちらから

03-3714-3855
完全予約制