院長の整体新書 – 整体ブログ –

目黒区祐天寺で骨折・ヒビ・脱臼・捻挫などのケガも診れる整骨院

  • ケガ

☑骨折・ヒビが無いか不安
☑整形外科に行きたいが翌朝・週明けまで待つのが心配
☑妊婦でレントゲンが撮れない
☑時間的に整形外科の診療時間内に行けない
☑シップだけよりも固定もして早く確実に治したい

「病院が休みの時に限って・・・」

不慮のケガの際にこんなことを思ったことはありませんか??

矜持整骨院では、骨折・ヒビ・脱臼・捻挫などのケガの施術をすることも可能です。

理由は、「柔道整復師」という国家資格を持っているからなのですが今回は「上記のようなケガ」をしてしまった際に診て頂くことを前提に書かせて頂きます。

柔道整復師資格・ケガが診れる整骨院と診られない整骨院については過去のブログをご覧下さい!

名前が似ている!?接骨院・整骨院と整体・整形外科の違い

骨折・ヒビはレントゲンが無くても分かるのか

包帯下肢

接骨院・整骨院ではレントゲンを撮る事が出来ません。

しかしながら、矜持整骨院では骨折やヒビを判断することは可能です。

その理由を述べる前にまずご理解頂きたいのが「レントゲンだけで分かる骨折・ヒビ」ばかりでは無いということです。

なぜかというと、割り箸や枝を「バキッ」と折った時のような、多くの方がイメージしているような骨折ばかりではないからです。

また、それほどまでハッキリ折れている物は尚更、レントゲンが無くても表面から「変形」が分かりやすいのでレントゲンの有無がそんなに大きな問題になることはありません。

本来は

・視診
・触診
・レントゲン
・問診

を組み合わせて、「骨折しているであろう部分」「骨折が疑われる部分」のレントゲンを見ながら、触れて判断する必要がある「微妙」なものも多数あります。

つまり、レントゲンは「あくまでも」視診・触診・問診という一つの検査に過ぎません。

もちろん、レントゲン検査があるに越したことはありませんが、「それ以外の」精度を上げることでそれを極限まで補うことが出来ます。

骨が折れていることを示唆する「特有」の症状

医学的には、ヒビも「不全骨折」と言って骨折の一つです。

鑑別(見極め)が必要なのは

・捻挫なのか、骨折なのか

・打撲なのか骨折なのか

・骨折で骨が大きくズレているのがいないのか(ズレ方によっては整復(骨を戻す)が必要なので)

という三点です。

「捻挫」は「関節でしか起こりません」。

次の写真を診て頂くと明らかなのですが、こういった骨のど真ん中には関節が無いので捻挫は絶対に起こりません。

すね

捻挫はこういった関節部分(次の写真)で起こります。

足首

見極めが難しいのは、捻挫に伴う骨折があることです。

「転んで手をついた際に」

「突き指をして」

「足首をくじいて」

「足の指をぶつけて」

その時の加減で「捻挫」だけで終わるか、ヒビを伴うか、ハッキリと骨折するか、が変わります。

捻挫の場合には、「靭帯(じんたい)」を傷めます。

つまり、「靭帯に圧痛」があります。

靭帯は、「二つの骨を繋ぐ」役割を果たしています。

つまり、靭帯の傷んでいる部分によっては

・「靭帯だけ」に圧痛がある場合。

・「靭帯が骨に付いている部分」に圧痛がある場合。

と考えられます。

前者は、「靭帯だけ」なので捻挫の可能性が高いでしょう。

しかし、後者は「靭帯なのか」「骨なのか」をハッキリとさせる必要があります。

そこで大事になるのが「骨折特有の症状」です。

当たり前ですが、骨折の場合には「折れている部分の直上に圧痛があります」。

つまり、「圧痛がある部分の内部の構造が分かっていないと分かりようがありません」

自分が押しているのが靭帯なのか、

自分が押しているのが脂肪組織なのか、

自分が押しているのが腱(筋肉の一部)なのか・・・

これが分からないと何もわかりません。

また、骨は硬く本来であれば「一本の棒」の様に連続性があるものです。
(長いだけでなく四角い骨もありますが・・・)

その「連続性が断たれたもの」がヒビであり骨折です。

つまり、その「連続性」を利用して判断の一助にすることが出来ます。

その為には、「どこからどこまで」が同じ骨で、どんな弯曲の骨で、という事が分かっている必要があります。

それらを踏まえて、どうすると「連続性が断たれたと疑われる部分に」刺激を加えられるのか?を考えて刺激を入れます。

「骨の直上に痛みがある」ことや前述の視診・問診などと合わせて総合的に判断して「骨折の有無」を判断します。

腫れの強さや腫れるまでのスピード、内出血の有無なども大きな指標にはなりますが、経験がないとこれだけではわかりません。

骨が折れたら動かせない・歩けないは嘘

「動かせるので折れてはいないと思うのですが・・・」

「歩けるから大丈夫だと思ったのに・・・」

と伺うことがありますが、これで判断することは出来ません。

理由は、構造から考えると明らかです。

「どこの骨が折れたのか」

「その骨のどこの部分が折れたのか」

によって動かせることもあれば、歩けることもあります。

また、「折れている」と言っても

・剥がれている骨折
・圧迫されている骨折
・亀裂のようにヒビが入っている骨折
・捻じれている骨折

など、「折れ方」「程度」によっても話は大きく違ってきます。

「動かせる」「歩ける」かは、一つの指標としては有益な情報です。

しかし、繰り返しているように「それだけでは決定的な情報とはなりません」

整骨院だけでは骨折かどうかを最終決定できない

今まで散々「骨折の見極め方」について語っておきながら恐縮なのですが、資格・法律上の観点からも触れない訳にはいきません。

整骨院では、骨折・脱臼に関しては「医師の同意を得る事」という決まりがあります。

どういうことかというと、矜持整骨院で然るべき施術をした後には「医師の診察を受ける必要がある」ということです。

つまり、結果的には「二重チェックが出来る」のです。

矜持整骨院で、上記に述べてきたことのような「骨折の疑い」があれば然るべき処置をしたうえで紹介状をお渡しして目黒区祐天寺近隣で「医師の元での診察」をあなたにお勧めします。

「だったら、初めから整形外科に行けば良いのではないか!?」

もちろん、そういった見方もあります。

そこで、矜持整骨院があなたに提供できるメリットとしては冒頭にある様に

①整形外科に行きたいが翌朝・週明けまで待つのが心配
②妊婦でレントゲンが撮れない
③時間的に整形外科の診療時間内に行けない
④シップだけよりも固定もして早く確実に治したい

という場合になります。

④の場合には、一概に言えませんが・・・

診て下さった先生にもよりますが「骨に問題が無ければそのままで・・・」という場合があります。

もちろん、その方法も良いのですが「骨に問題があろうとなかろうと」傷めている事には変わりないのです。

因みに、捻挫でもⅠ度~Ⅲ度の程度による分類があります。

Ⅲ度の場合には、手術が適応になります。

程度の差はあれど、靭帯や腱・筋肉の傷が広がらない様に、傷が寄る様に、固定をした方が有効な場合もあります。

固定をどこからどこまでの範囲にするか、

例えば手首付近の骨折であれば、肘や指は自由にしてあげてよいのか悪いのか・・・

固定をどの角度でするのか、手首を反らすのか曲げるのか真っすぐなのか・・・

「傷口を広げない」「傷口を寄せる」という意味合いを考慮するとこれらはとても重要です。

ただ「動かせなければ良い」という訳ではないのです。

当院での直近の例でいうとアキレス腱断裂の患者様で、固定の角度が悪かった為に一か月経過しても全く改善が見られなかった方がいます。

一か月後に当院を受診され、手による検査や問診など総合的に判断した結果、紹介状をお渡しして医師の元で精査したところ手術が適応になりました。

結果をみてからあれこれ言うのは誰でも出来ますが経験上、アキレス腱断裂の場合に当初から正しい固定が出来ていれば手術は不要だったとも思います。

従って、矜持整骨院では、そういった場合にもお力になれるでしょう。

矜持整骨院での見極め・施術の結果、あなたが得られるもの

骨が変形してくっついてしまったり、逆に骨がくっつかなかったり、骨折には後遺症があります。

また、今回はほとんど触れていませんが脱臼の場合には「所謂、癖になる」可能性があります。

脱臼は、骨を戻したあとは「捻挫の重いもの」扱いです。

捻挫も「靭帯が不完全なまま」では生涯「グラついた関節」のまま過ごす必要が出てきます。

脱臼・捻挫にも骨折同様に後遺症があるのです。

全身の問題を取り扱っている矜持整骨院の視点から述べさせて頂くと、「後遺症」は体の他の部分にも波及します。

「いかに後遺症を意識して施術できるか」か全てだと考えています。

「たまたま、後遺症にならなかった」と「後遺症にならないように施術した」は、全く違うと思います。

ケガの場合、早く受診したからと言って「一日で良くなることはまずありません」

その反面、ケガの場合「放っておいても”ある程度は”良くなります」

傷口も放っておいてもくっつきますよね!?

でも、「ある程度良くなってからではもう戻せません」。

手術が必要な部分・程度の骨折や血流が悪くて元々治りが悪い骨の骨折など一概に言えませんが、「肩こりや腰痛・神経痛」に比べたら「ケガは右肩上がりで良くなります」。

「筋肉をつける為にジム通いしたり、毎日ストレッチをする必要もありません」

極端なことを言うと「早くに正しい見極め、施術を受けるだけで」です。

ケガは放っておいても良くなっていくものです。

重要なのは「その邪魔をしない」「それを促す」ことだと考えます。

だからこそ、今回の内容をお伝えさせて頂きました。

是非、あなたやあなたのご家族・ご友人など周囲に目黒区祐天寺近郊でお困りの方がいましたら参考にして頂けたら嬉しく思います。

¥2000+固定材料費(¥2000以内)+松葉杖使用の場合には¥5000(返却までの預かり金)

※整骨院ではレントゲン検査が出来ませんので、診させて頂いた上で「必要がある」「検査をした方が良い」と判断した場合には「施術情報提供紹介書」という所謂「紹介状」を書いて、整形外科など医師の元へご紹介致します。
その場合には、その際にかかられた医療機関での診察代が別途掛かりますので予め、ご了承下さい。

矜持整骨院

東急東横線 祐天寺駅南改札”西口2”出口から徒歩1分

平日)7時~11時 17時~21時
土曜)7時~14時
日祝休診・不定休有

完全予約制

初回¥6000 次回以降 ¥5000

ご予約は 0337143855

紹介状 写真

ケガに関するその他の記事

ケガ に関する患者様の声はこちら

    関連する患者様の声は準備中です

診療・予約時間