院長の整体新書 – 整体ブログ –

整体治療を受ける「時間帯」と「効果」の関係

  • 整体

あなたは整体や整骨院に通院する際に、どのような事を考えて通院時間帯を決めていますか?
「都合がつく、時間帯」という方が多いと思います。
お体の状態によっては、それは非常に”もったいない”とも言えます。
治療を受ける時間帯によって、治療効果も変わるのです。
より、整体・整骨院での治療効果を得て頂けたらと想い、今回は治療を受ける時間帯と効果についてです。

背骨のゆがみと症状の関係

まず初めに、多くの症状と関係が深い姿勢・ゆがみについてです。
背中が丸くなったり、体が左右に傾いたり、これは背骨に何かしらの不具合が生じている事を意味しています。
腰痛や首痛の原因になる筋肉には「起始」「停止」「支配神経」というものが必ずあります。
体に関わる仕事をされている方は、一つの筋肉に対してその三つを覚えることが求められます。
起始から停止にかけて筋肉が張っている。
つまり、起始と停止が分かるとその筋肉がどこにあるのか?がわかります。
起始と停止は、ほぼ全て骨の名称です。
つまり、筋肉は骨と骨とを結んでいる・繋いでいるとも考えられます。
支配神経とは筋肉を動かしている神経のことです。
脳梗塞に代表されるように、筋肉自体が正常でも神経がダメージを受けると筋肉は動きません。
その神経は脳・脊髄という部分から枝分かれしたものです。
脊髄を包む・保護するのが背骨です。
下半身不随のように腰の脊骨を傷めてしまい中身の脊髄がダメージを受けると直接傷めてもいない足が麻痺します。
筋肉が正しい働きをするには、起始と停止が適度な位置関係にあること。
(※吊り橋を想像して下さい。
ダラーんとしてしまっては意味を成さないし、ピーんと張りすぎても耐久性に欠けますよね?)
筋肉も両岸に当たる起始と停止の骨が正しい位置にないと役目を果たせません。

神経が筋肉に脳からの命令を届けていること。
筋肉が神経からの命令に反応すること。が重要になります。
前述のように脊骨の中には脊髄が入っています。

また、脊骨は体の中央にある為に多くの筋肉の起始・停止になっています。
つまり、ゆがみや傾きによって脊骨に不具合が生じると筋肉や神経にも影響を及ぼし腰痛・首痛などにも繋がっていきます。

脊骨の不具合は椎体と椎体の間が原因?

脊骨が丸くなったり傾いていても、脊骨が圧迫骨折で潰れている、変形が酷くない限りは24個の背骨(一つずつを椎骨と言います)一つずつは正常です。
こういった場合、レントゲンを撮ると
「異常無し」
「背骨と背骨の間が狭くなってる」
「ヘルニア」
と言った説明を受けます。
椎骨が正常なのに姿勢が丸くなったり、傾いたりしてしまう理由は椎骨と椎骨の間にある「椎間板」というクッション様の素材の形状によります。

椎間板の治療

子供の頃の椎間板には血流があります。
血流があれば、常にフレッシュな状態でいることが出来ます。
しかし成長と共に椎間板への血流は無くなります。
つまり、椎間板はどんどん悪い状態になっていくのです。
それを防ぐには、椎骨と椎骨の間にある椎間板に刺激を入れる必要があります。
椎間板には中央に髄核、それを囲む様に線維輪というものがあります。
体が前に傾けば、髄核は後ろに押し出され、
体が右に傾けば、髄核は左へ…という具合に
椎間板内部では動きがあるのです。
血流の無い椎間板に刺激を入れるには動かさないとダメなのです。
それも椎間板を上下から挟んでいる上下の椎骨が動かないとダメなのです。
体全体を動かしても全ての椎骨が動いている訳ではありません。
なぜなら、日常生活において動き方や姿勢に偏りがあるからです。
24個もあるので、動かない部分があっても他で対応出来るので中々自覚出来ません。
しかし、触診や視診で動きを見させて頂ければ分かります。
動かない部分にピンポイントで手を加えることが治療になります。

どの時間帯に治療を受けると良いのか

私達は、朝と夕方で身長が違うのをご存知ですか?
椎体のサイズは朝でも夕方でも変わりません。
しかし、椎間板は変わります。
なぜなら、重さが掛からないと膨らむ性質があるからです。

一日中頭を支え、体を支えている内に椎間板が萎み身長が縮みます。
レントゲンで椎骨と椎骨の間が著しく狭くなっている方は椎間板の変性が進んでいると思われます。
そのような方は、椎間板が比較的膨らんでいる朝の方が体に無理なく治療をすることが可能です。
また、効果も出やすいでしょう。

逆に、椎間板が膨張しているような状態の方は夕方以降の方が良いでしょう。
これらは、お体の状態を診させて頂ければ判断可能です。
治療に対する考え方は人それぞれです。
時間がある時に行っても問題無い状態、時間を捻出してでも行かなければならない状態。
ご自分の状態を理解する事が一番大切です。
なぜご自分が、継続した通院を求められていて、なぜその時間帯である必要があるのか…理由を知り、理解して頂く事を願っています。

整骨院・整体では、見方を変えると薬や手術でも改善が乏しいような、腰痛・首痛・神経痛などの改善が求められています。
薬は薬剤により、手術は麻酔によって、半強制的に効果を出すことも可能です。
しかし、整骨院・整体院でそれを行う事は、資格の都合上法律で認められていません。
使えるのは、あなたと私の体と頭のみです。
治療の価値を決めるのは、治療を受けるあなたと治療を提供する私次第です。
「効果を感じる」というのは、体が感じる訳ではありません。
体は神経があるから感じるのです。
従って、頭で理解することは治療効果を高めると考えます。
どうせ同じ時間、通院に際する労力をかけるのであれば少しでも多くの効果を得たくはありませんか??
当院ではご予約の時間帯、ご通院の時間帯を決める際に今までとは違う観点から考えて頂くことも非常に有益だと考えます。

ぜひ、あなたはもちろんですが、ご家族やご友人でお困りの方で今ある症状を「より良くしたい」とお考えの方がいましたら参考にして頂けたら嬉しく思います。

矜持整骨院

東急東横線 祐天寺駅南改札”西口2”出口から徒歩1分

平日)7時~11時 17時~21時
土曜)7時~14時
日祝休診・不定休有

完全予約制

初回¥6000 次回以降 ¥5000

ご予約は 0337143855

整体に関するその他の記事

整体 に関する患者様の声はこちら

    関連する患者様の声は準備中です

診療・予約時間