院長の整体新書 – 整体ブログ –

2019年のお礼と2020年の抱負

  • 治療哲学・想い

2019年も残りわずかで終わろうとしています。

今年も一年間、ありがとうございました。

今年は、私がこの仕事を志して20年目の年でした。

20年前の年末は、まだ足にギプスがついていて松葉杖をついていたな・・・と実家で当時を思い返しています。

私の地元には、私がこの仕事を志すきっかけになった同業者の先生がいます。

急遽、ケガをして診療時間内に間に合わない時も先生は嫌な顔一つせずに対応してくれた姿が今でも目に焼き付いています。

「試合前にテーピングしたほうが良いから明日の試合に行く前に来れる?」

夜だけでなく更に休日の早朝にも対応して下さる姿に私は、

「この人、かっこいいな」

「凄すぎる」

「こんな先生いるんだな」

と感激したことを昨日のことのように思い出します。

「とりあえず、1か月間は様子をみましょう」

整形外科で週1の経過観察だけに1か月を費やし、終いには手術をしてやっと良くなった経験をしていた私には、余計に響きました。

当時の私には整形外科と接骨院の違いなど一切分からないし、その仕組みも分からなかったけどとにかく「こういう仕事がしたい」「自分みたいな想いをしている人はきっといるハズ。自分みたいな想いの方の力になりたい」そのような動機で私はこの仕事を今現在もしています。

私がもっている柔道整復師資格で行っていることは、医療行為ではありません。

医療類似行為という区分です。

また、ご提供している内容の大半を占めるカイロプラクティックは日本では医療類似行為ですら無い為に慰安とも区別がありません。

でも、私はそういう気持ちでやっていません。

(だから、相応の取り組みを自分に課しています)

資格や立場はわきまえるけど、気持ちの持ちようは私の自由だと思ってこの仕事をしています。

今現在でも私の判断基準の一つは、「素人だった当時の自分が患者として今の自分を見た際にがっかりしない治療家であるかどうか」です。

その為には、

・常に向上心をもって治療のレベルを上げ続けること

・常に驕らず、治療家として誠実であり続けること

まだまだ未熟者なので簡単なようでとても難しいこの2点を胸に、患者様にも納得して頂けて、尚且つ過去の自分とも折り合いがつけられるように来年も精進して参ります。

どうぞ、来年もよろしくお願い致します。

矜持整骨院
診療時間
08:00-12:00
16:00-21:00
  • 水(第2, 4, 5)は午後休診
  • 土は14:00まで

ご予約・お問い合わせはこちらから

03-3714-3855
完全予約制