院長の整体新書 – 整体ブログ –

目黒区五本木で「手の浮腫みと腱鞘炎」にお悩みの方へ

  • 腱鞘炎

あなたは、「腱鞘炎」という名前を聞いた事がありますか??

似た名称に「腱炎」というものがあります。

代表的なものは「アキレス腱炎」ですが、「腱炎」と名称がついていなくてもテニス肘やゴルフ肘、ジャンパーズニー(ジャンパー膝)などは腱炎と説明される場合もあります。

あなたにまず、ご留意頂きたいのは「腱鞘炎」と「腱炎」は異なるという事です。

「腱鞘炎と言われた」と伺い拝見すると「テニス肘」だったりする場合もしばしばあります。

今回は「手の指の付け根」に起こる腱鞘炎についてです。

腱鞘炎の原因

筋肉の端の部分を「腱」、その腱を覆う筒状のものを「腱鞘(けんしょう)」と言います。

腱が張れてしまったり、腱鞘が腫れてしまったりすることで「腱鞘炎」は起こります。

酷くなると「腱が腱鞘内を通過しずらい状態」になり、これを『ばね指』とも呼んでいます。

これらの改善に必要なのは「腱」と「腱鞘」の炎症を抑えることです。

では、そもそもなぜ、腱や腱鞘が炎症してしまうのでしょうか??

腱鞘炎になるのは、ほとんどの場合で「1本」の指です。

生活していると10本の指、全てを使っていますよね??

にも関わらず、全ての指が侵される事はありません。

腱鞘炎の原因の一つに手・指の「使い過ぎ」があるのですが、「使い過ぎだけでは説明しきれない」部分もあります。

他の要因として患者様を診させて頂いていると、姿勢や肩・首からの関与が疑われるような場面も経験しています。

腱鞘炎にみられる共通点

腱鞘炎の場合、特にある関節の硬さが多くの方に共通しています。

通常はご自身の自覚はないのですが、診させて頂くとこの様な異常があります。

ここを軟らかくするようにと様々な手法を試みるのですが、

・純粋に手だけの治療で軟らかくなる場合
・肘からの治療で軟らかくなる場合
・肩からの治療で軟らかくなる場合
・首からの治療で軟らかくなる場合。

前述の通り、このような様々なケースに遭遇する場合もあります。

これは腱鞘炎の治療に限ったことではありませんが、「木を見て森を見ず」ではなく、全体像を捉える事が提供側である専門家と治療を選ぶあなたには求められています。

腱鞘炎に対して行われる治療法

整骨院で行われる腱鞘炎の一般的な治療法は

・レーザー治療
・低周波治療
・温浴
・微弱電流

という様な物理療法と呼ばれる、機械やモノを使った治療が主なものです。

痛みを抑える目的のもの、血流を促すものと大別する事が出来ます。

しかし、残念ながら効能とは別にルーティンとして行われている場合もあるのが現実です。

また、整形外科では注射を打つことで「炎症を抑え」改善を促す事も行われます。

体の内部に直接、行う為にこれも有効だと考えます。

しかし、「その指だけが炎症を起こしてしまった」という原因を正す事は出来ません。

注射で炎症を鎮静化しても、再び炎症が迫ってくる事は容易に想像できます。

先程述べたように、「木を見て森を見ず」に注意して治療を行っていく必要があります。

一日も早く腱鞘炎をよくする為に

そして、それにはあなたのご協力も必要不可欠です。

症状がある部分の治療を受け入れることは簡単です。

また、一回で良くなるならば、理解はなくても構わないのかもしれません。

しかし、腱鞘炎にお悩みのあなたはお分かりかもしれませんが「残念ながら1回では不可能」です。

1回での完治を目指しますが、現実的とはとても思えません。

腱鞘炎を良くする為に、「森を見る」。

腱鞘炎を良くする為には、手だけではなくて○○を良くしないといけないんだ。

だから、私は自分で××を意識、または△△をするんだ。

という理解がないと残念な結果に終わる事もあります。

炎症を抑える為には、炎症を起こしてしまう原因を正す必要があります。

炎症を起こしてしまう原因を正す為には、一見関係なさそうに思える部分の改善が必要な場合もあるのです。

手は、私達の生活に置いて大きな役割を果たしている部分です。

腱鞘炎で生活に支障が出てしまっている方は、大きなストレスであり大きな損失でしょう。

だからこそ、一日でも早く良くなるように一日も早く正しい治療を始める必要があります。

『正しい治療×回数・期間』が重要なんだ、とご理解頂けたら嬉しく思います。

腱鞘炎にならない為には

腱鞘炎になる前に「手の浮腫み」「手がパンパンな感じ」を自覚されている方が多くいます。

浮腫

この時期に手を打つことがとても大切です。

こういう状態まで手を使用される方には、毎日の歯磨きや洗顔・洗髪をされるように割り切った日々のケアが必要です。

その具体的な方法は、「冷やす」ことです。

浮腫みにもメカニズムがあります。

なぜ、浮腫んでしまうのか?を考える事で対策・改善法が決まります。

とはいえ私も、約10年前の勉強不足だった勤務時代に温浴治療を行っていたことがあります。

温浴治療が悪者なのではなく、温浴治療をすべき状態なのかどうかの判別がつかずに行っていたことが問題だと思います。

振り返ってみても、「気持ち良い」と患者様は仰るけど、良くなっていたかどうかは疑問が残ります。

腱鞘炎では、温める事が第一選択になりがちです。

腱鞘炎に限らず、多くの症状で「正解」とされている方法を私もやってきました。

しかし、効果がイマイチ。

同じ「ような」事をしていても、明暗は細部の質で分かれるので、私の方法が悪いのか・・・

それとも方法自体が悪いのか・・・

いずれにしても、患者様からは「先生」と呼んで頂きご通院頂いている以上、何とかしなくては・・・

という日々の葛藤を経て現時点で辿り着いたのが、現在の当院の推奨する方法・考えです。

(もちろん、単純に私の方法が悪かったものもあります)

柄澤式と呼べるような格好良いものではなく、どれもその分野の経験のある先生方から勉強会や文献でヒントを頂き、懇親会まで密着(笑)したりして得たものです。

話は逸れましたが、あなたに覚えておいて頂きたいのは、「多くの人がやっている」や「流行」「ブランディング目的の○○式という名称」であなたに最適な治療法が決まる訳ではない!!ということです。

改善に時間を要す可能性の高い腱鞘炎に関しては経験上、特に注意が必要だと考えていますので、お伝えさせて頂きました。

是非、あなたやあなたのご家族・ご友人など周囲に目黒区五本木・世田谷区下馬近郊でお困りの方がいましたら参考にして頂けたら嬉しく思います。

 

矜持整骨院

東急東横線 祐天寺駅南改札”西口2”出口から徒歩1分

平日)7時~11時 17時~21時
土曜)7時~14時
日祝休診・不定休有

完全予約制

初回¥6000 次回以降 ¥5000

ご予約は 0337143855

腱鞘炎 に関する患者様の声はこちら

    関連する患者様の声は準備中です

診療・予約時間