院長の整体新書 – 整体ブログ –

スポーツ障害 フットサル・サッカー

  • その他

あなたはスポーツ障害と聞いてどのような症状が思い浮かびますか??
スポーツ経験が無い方にはなかなか馴染みのない言葉かもしれません。
スポーツ障害とはスポーツ全般においての痛み・症状を指しています。
サッカー、野球、陸上、ゴルフ、バスケット・・・
様々な競技によってそれぞれ酷使する部分も異なります。

また、年代によっても違いがあります。
代表的なものが「成長痛」とよばれるものです。
子供の場合は、大人と比べて体が未発達である為に起こってしまう障害もあります。
スポーツで痛みを感じた場合、一般的なのが「整形外科でレントゲンを撮る」ことです。
中には、理学療法士がリハビリをしてくれる院もありますが、骨に異常が無ければシップと安静指示だけで終わってしまう場合が大半です。
また、整骨院・接骨院でケガの治療をされる場合もあるでしょう。
優劣の話ではなく、整骨院・接骨院の場合にはケガの治療+日常でのストレッチなどの指導を含めて継続的なサポートが出来る院もあります。
矜持整骨院でもスポーツ障害の治療を行っており、痛い部分だけでなく、体全体・動き全体を診ることで症状の改善していきます。

しかし、スポーツ障害にはもう一つ大きなテーマがあります。
「再発を防ぐ」という事です。

「再発を防ぐ」ことは簡単なようで、実に難しいのが現実です。
フォームの問題、年々変わっていく体に合わせて、食事や低下しがちな部分の筋肉を補う事も非常に重要になってくるからです。
スポーツジムなどで、あなた自身のメニューを作って頂く事も可能ですが、そのトレーナーの方にどの程度の知識があるのかは、正直疑わしい点もあります。
(どの分野も同様かと思いますが「習った」ことと「使える」ことは違うと思うので)
数年前に、長距離ランナーの患者様の治療において私自身、壁にぶつかっていた時期がありました。
そんな際に、相談し学ばせに行かせて頂いたのが、『AT』という日本最高レベルのトレーナー資格と鍼灸師の国家資格を持つ、横浜のとも鍼灸院、大森先生です。

余談ですが、実は大森先生は私の高校サッカー部の一つ上の代のキャプテンでした。
学生時代は、私からは雲の上の存在であり、あまりお話をした事もなかったのですが、ある時先輩の進路を知り、話しかけた事で可愛がって頂ける様になりました。
鍼灸師の学校に通う為に上京した後も、私の進路を心配し、連絡を頂いたり・・・
私の受験の際には、土地勘が無い私を学校まで連れて行ってもくれました。
国家試験前にはお守りを頂いたり、ある事情から無一文になった際には鍋を作って励ましてくれたり・・・とにかくお世話になりっ放しの方です。
とはいえ、「プライベートでお世話になった先輩」だから大森先生を推している訳ではありません。
大森先生は鍼灸の学生時代からボランティアで高校サッカー部のトレーナーをし、資格習得後はFリーグ(フットサルの日本トップリーグ)のチームの専属トレーナーも任されていた先生です。
更にそれから、一念発起し二年間トレーナーの学校に通学、非常に狭き門である「AT」資格取得。
現在では、フットサル日本代表選手や育成年代の有望選手などを数多く診ているトレーナーとしても一流の先生です。

昨今の健康ブームで、今では誰でも手軽に運動をする事が出来ます。
筋トレやストレッチも検索すればいくらでも方法は学べます。
しかし、「知っている」のと「出来る」は違うと私は思います。
偉そうな事を言って、恐縮ですが「そんなに甘いものではない」と思います。
なぜなら、大森先生の背中を間近で見てきたからです。
私が見学にいった際にも、小学生の患者様に対して丁寧な検査をし、動画でお母様にも説明し、その患者様専用のメニューを帰宅後に作成、後日お渡し、という事を行っていました。
それをやっている方は珍しくないかもしれませんが、その質と経験に裏打ちされた説得力がスゴイと感じました。

また、トレーナーである以上、選手達の見本にならなくては・・・と今でも朝6時半からトレーニングをしたり食事管理をしています。
私も大森先生もプロなので、「過程」は関係ないかもしれません。
「良くなれば何だって良い」という方もいるでしょう。
しかしながら、誰を信頼して良いのか?どの院を信頼して良いのか?が分からない方は、決して少なくないと思います。
「患者様から見て良い先生」「専門家から見て良い先生」も同じとは限りません。
「口コミナンバー1の先生」に実際に骨や筋肉・神経の専門家が自らの体を委ねたり、自らの家族を紹介出来るとは限らないことも現実にはあります。
しかしながら大森先生は、私自身が人間として、専門家として尊敬している先生です。
どの競技にも共通している事があります。
「体を使うこと」です。
基本となる「体」が優れていれば、どの競技をするうえでも有利に働くハズです。
矜持整骨院では、提供できるものに自信と責任を持っています。
だからこそ、それぞれの分野の専門家を尊敬しております。
現に事情を伺い、当院よりも同じ祐天寺の整骨院の方が良いと判断した場合には、そちらの院への通院を勧める事も現実にあります。
何が患者様の為なのか、常にプロの治療家としての矜持をもっていたいと考えています。

是非、横浜市都筑区近辺でフットサル・サッカーでのケガでお悩みの方、他競技も含めてよりパフォーマンスを上げたい方、
アスリートとしても未来あるお子様の可能性を広げたいとお考えの親御様は是非、一度診て頂いてはいかがでしょうか。
きっと、今よりも競技パフォーマンスが上がるハズです!!
因みに、完全予約制・自費診療のみですのでご了承下さい!

横浜市都筑区 とも鍼灸院

その他 に関する患者様の声はこちら

    関連する患者様の声は準備中です

診療・予約時間