院長の整体新書 – 整体ブログ –

何をやっても改善しない腰痛

  • 腰痛

「朝起きると腰が痛い・・・」

「でも、動いていると楽になって、日中は気になりません」

腰痛を抱える患者様でこの様に仰る方は多くいます。

今日では、腰痛は肩こりと並んで非常に多くの方が抱えている疾患です。

にも関わらず、レントゲンやMRIといった画像による検査では「異常無し」と言われ、具体的な治療を受けていない方が多くいます。

今回は、そんな「検査をしても異常が無い腰痛」

についてです。

この記事は大体2分程度で読み終える事が出来ます。

85%の腰痛が原因不明?

医師の方々が作成されている「腰痛診療ガイドライン」では約85%の腰痛に対しては原因が特定できていないとされています。

結構、高い数字である事に驚きませんか??

因みに、原因が特定できるものとしては、
「腰椎椎間板ヘルニア」
「脊柱管狭窄症」
「骨折」
「脱臼」
「腫瘍」
などが挙げられています。

大半の腰痛の原因が特定出来ない・・・

という事は、どう治療してよいかも定まらない。

ということになります。

しかし、ご安心下さい。

あくまでも、画像による検査で分かるのは

・折れている

・潰れている

・変形している

・腫瘍がある

など「静止状態」で判別可能なものに限定される為に過ぎません。

今回の数字に表れている通り、多くの腰痛の原因は骨や筋肉が傷んでいる等のような
器質的な問題ではなく機能的な問題」なのです。

検査で異常のない腰痛を良くするには

ここであなたに是非、ご理解頂きたい事が一つあります。

もしも、あなたの腰痛が上記の85%に該当している場合には、

「機能的な異常が分かる先生や治療家でないと解決策は提示出来ない」

ということです。

機能的な状態を把握するには、外見的な異常を診るだけではないのでより踏み込んだ専門知識が不可欠です。

○○筋が収縮(硬く)している。

××筋は弛緩している。

もしくは、

○○筋が強いのか。

××筋が弱いのか。

または、

○○筋に行く神経に問題があるのかないのか。

筋肉に問題はないけど、使い方が悪いのか。

第○腰椎と骨盤の関節は、どの方向に硬いのか。

逆にどの方向に軟らかすぎるのか・・・

これらを全て加味したうえで、首や足など腰以外の部分との関連性を探ります。

それらから導きだした答えを正す。

この、いわば当たり前のプロセスの精度が明暗を分けることになります。

【レントゲンを見るだけで先生が触りもしない】

【毎回、事前の検査無しでいきなり治療が始まる】

【改善がおもわしくないのに、明確な説明がなく治療内容がワンパターン】

【自己判断でご自分の腰痛をタイプ分けしたり、改善法を決めている】

長年、様々な治療・改善法を受けてこられたにも関わらず改善が思わしくない方は、こういった落ち度があることが決して珍しくありません。

これらは、非常に勿体ないことだと感じます。

こういったミスマッチを防ぐ方法は、至って簡単です。

【あなたの腰痛に必要な方法と不必要な方法を明確にして徹底すること】

あなたの腰痛に対しての正しい方法。

これが見つかって初めて【実行力】【継続力】という話になります。

誤った方法にいくら時間と労力を注いでも、時間はどんどん経過しているので腰痛改善にはむしろ悪影響です。

是非、そういった視点をお持ち頂けたらと思います。

腰痛の施術で大切にしていること

「まず、治るんだということを再認識して頂きたいと思います」

もちろん、全ての腰痛が治る訳ではありません。

残念ながら手遅れで

「これ以上、酷くならないようにすることを目指しましょう」

という場合もあります。

しかしながら、上記の通り「何らかの落ち度によって治らない腰痛」も(恐らく皆様が思っている数倍も)多く存在します。

偉そうに聞こえてしまっているかもしれませんが、これを書いている私自身もそういった反省はあります。

当時は、「これ以上どうしようもないな…」

そう思っていたものが、自らの力不足に過ぎなかった。

そのような事は17年間、この仕事をしている中で多くあります。

経験や知識は、日々の治療毎に進化していくものです。

「こんな僅かなことでこんなに結果が変わってしまうのか」

私が日々経験しているこのようなことを、是非腰痛に悩むあなたにも共有して頂くことで解決への一助になれたらと思っています。

腰痛の際に用いるレントゲン

矜持整骨院では、ガンステッドテクニックという(名前を覚える必要はありません)カイロプラクティックの中でも少数派の手法も用いています。

200近くあるカイロプラクティックの手法の中でも習得の難易度が最も高く(恐らく日本全国のカイロプラクティックをしている院の2から3割位で用いられていると思います)、効果も大きいと言われている手法です。

前述の通り、このテクニックでも良くならない腰痛は存在します。

更に言うと、このテクニックではない方が良い場合もあります。

逆に、このテクニックだからこそご提供できる効果(改善までの期間.再発のリスク)というものも存在します。

この手法に当てはめている訳ではなく、1つの柱としてこの手法を用いているとご理解下さい。

さて、この手法を用いるに当たって、必要とされているものの一つにレントゲン検査があります。

「この骨がズレていますね」

「骨盤がゆがんでいますね」

ガンステッドテクニックでは、定規を使ってミリ単位でそれを測定し1つの情報とします。

ちなみに、冒頭に書いた器質的な異常にこれらは含まれておりません

つまり、整形外科の先生が「正常」と見る部分もカイロプラクティックでは「異常」となることがあります。

もちろん、整形外科の先生が「異常」とした部分はカイロプラクティックで見ても異常です。

どちらが正しくて誤りかという問題ではなく、「同じ腰痛」に対しても両者でそれだけ見方が異なるということをご理解いただけたらと思います。

話は逸れましたが、そういったレントゲンを見たらお分かり頂けるのですが、背骨はそんなに何センチもズレたりしません。

つまり、「同じカイロプラクティックでも」「同じようにみえる整体でも」「同じように見える矯正でも」何センチを戻そうと力任せに行っている場合と数ミリを戻そうと思って細心の注意を払って行なっている場合とでは全く異なる効果になります。

また、ガンステッドテクニックの特徴として

・前後
・左右
・捻り

の三次元のズレを修正出来るという点があります。

これもまた、二次元で正す手法と同じように見えても効果が異なり得る一つの理由にと言えます。

その理由については、こちらの記事へ

腰痛には、ここで述べた理由に合わせてストレスを初め多くの原因があります。

しかしながら、多くの人にとってストレスを減らす事は現実的に困難です。

難しいことよりも簡単に改善可能な部分から改めていった方が効率的だと考えます。

その為にも、

「あなたの腰痛は良くなる可能性があるということ」

「その為に、出来ることは自分の腰痛を知ること」

「細部の重要性を理解している専門家を選ぶこと」

この三点を頭に入れておいて頂くことをおススメ致します。

是非、あなたやご家族、ご友人など思い当たる方がいらっしゃいましたら参考にして頂けたら光栄です。

 

矜持整骨院

東急東横線 祐天寺駅南改札”西口2”出口から徒歩1分

平日)7時~11時 17時~21時
土曜)7時~14時
日祝休診・不定休有

完全予約制

初回¥6000 次回以降 ¥5000

ご予約は 0337143855

診療・予約時間